きた北海道の魅力 Charm of Northern Hokkaido

FOOD

豊かな海から届く幸。
大地が育んだ恵み。
手塩にかけた作物。
食材の宝庫には
旅人をうならせる
とびきりの味がある。
旬の美味を求めて、
また別の季節に
きた北海道を訪れたくなる。

毛がに

絶品と賞される海明けの毛ガニ

北海道を代表するカニといえば毛ガニ。オホーツク海の毛ガニは品質に定評があり、中でも枝幸町で獲れる毛ガニはブランド品としても有名。本当に美味しい毛ガニを味わうなら流氷が去る頃が一番と言われるほどで、流氷の下で動植物プランクトンを蓄えた毛ガニは「海明けの毛ガニ」と呼ばれます。寒さで引き締まった身とぎっしり詰まった濃厚な味噌がたまらない、まさに極上の逸品です。

サフォーク羊

リッチな味わいの北海道サフォーク

焼尻島では、スコットランドを思わせる緑の牧草地で羊が飼育されています。ここで育ったサフォーク種のラム肉は「プレ・サレ焼尻」というブランド羊肉。フランス語で「塩の草原」という意味の「プレ・サレ」は、フランス産最高級ラム肉のこと。7月初旬の「焼尻めん羊祭り」でその味を堪能できます。また、士別市でもサフォーク羊が飼育されており、地域ブランド羊肉「士別サフォークラム」を使ったオリジナル料理を市内レストランで提供しています。

ほっけ焼き

北海道を代表する焼魚メニュー

北海道の居酒屋の定番メニューのひとつ「ほっけ焼き」。北の海を回遊するほっけは、年間を通じて漁獲されますが、5月~7月と11月頃に多く獲れます。特に、エサをたくさん食べる初夏のほっけは、脂ののった最高の開きほっけになります。漁獲量日本一を誇る稚内市をはじめ、各地で香ばしいほっけ焼きが味わえます。ほっけは鮮度が落ちやすい魚ですが、タイミングが良ければ、揚がったばかりのほっけを刺身で食べられることも。

すながわスイートロード

多彩なスイーツが楽しめるスポット

新鮮な乳製品や果物など、スイーツの原材料が豊富な北海道。きた北海道にもスイーツショップが数多くありますが、中でも砂川市の国道12号を中心に18店舗が点在する「すながわスイートロード」はスイーツ好きには見逃せないスポット。焼き立てのアップルパイが全国的にも有名な「ナカヤ」をはじめ、和菓子や洋菓子などさまざまな菓子店やカフェがあるルートです。ドライブしながらお気に入りのスイーツを探してみてはいかがでしょう。